お金を借りるならココ

一時的にお金に困った時に便利なのが消費者金融のカードローンです。最近は即日融資に対応しているのはもちろん、営業時間も長く、担保や保証人不要で利用できる消費者金融を利用する人が多いです。大手としてはアコム、アイフル、プロミス、モビットなどがあります。

 

どれが正解と一概にはいえず、それぞれ違ったメリットがあります。メリットを比較したうえで、自分にぴったりの消費者金融がどこなのかを考えるとよいでしょう。

 

 

やっぱり頼れる大手消費者金融アコム

アコムは無人契約機の数が多く、使い勝手としては非常に便利です。通常カードローンの借入れや返済は、提携ATMなどからカードを使って行います。店舗ATMと違い、提携ATMの場合には、利用手数料がネックに感じる人は多いです。利息とは別に手数料まで払っていては、余計に利息を払っているようなものです。

 

アコムの無人契約機であるむじんくんは24時間営業で手数料も無料で借入れや返済が行えます。深夜や早朝でも利用できるむじんくんが全国各地にあるので、使い勝手はよいでしょう。

 

また、アコムは審査通過率が高い点でも有名な消費者金融です。そのため、審査に不安があるからアコムを選んだという人も多いです。不安がある人なら、少しでも通過率が高い消費者金融を選ぶのは当然です。

 

はじめての方の利用者も多くなっているので、消費者金融での借り入れ先に迷った場合にはアコムのキャッシングから考えておけば安心です。

 

独立系消費者金融のアイフル

アイフルは大手の中では唯一、銀行と提携していない独自の消費者金融です。そのためか独自の様々なサービスを展開しているのが特徴です。例えば女性専用のカードローンSuLaLiは、限度額が10万円に抑えられていて、使い過ぎの心配がないので安心です。

 

消費者金融なのに銀行以上に金利の低いファーストプレミアムカードローンもあります。大手消費者金融の金利が4.5%~18.0%、特に多くの利用者が最高金利18.0%適用なのに対して、ファーストプレミアムカードローンの金利は4.5%~9.5%なので最高金利が適用されたとしても利息は半分程度しかかかりません。

 

他にも、カードを郵送で受け取る際に時間帯を指定できる、配達時間えらべーるというユニークなサービスもあります。

 

早さで魅力があるプロミス

プロミスは顧客満足度も高いですが、その理由の1つに金利や利息の面で優れている点があります。大手消費者金融の最高金利は18.0%が一般的ですが、プロミスは最高金利17.8%と、他社より低金利で利用ができます。

 

たった0.2%と思うかどうかは人それぞれですが、他の条件が同じであれば金利は低い方がうれしいものです。プロミスは審査最短30分、インターネットから申込み可能、店舗数も多く、欠点の少ない消費者金融です。それでいて金利が低いので、利用者も多いです。

 

プロミスは契約を三井住友銀行のローン契約機で行えるので、設置数が多いのです。どこにいても頼れるキャッシングが利用できるため、繁華街の池袋でのプロミス契約はもちろん、その他の地域でも素早く借りられます。

 

特にプロミスの場合、初回借入から30日間は無利息でカードローンの利用が可能です。現在はアイフルやアコムなどでも無利息期間のサービスを始めましたが、カウントは契約時からであって、借入時からではありません。プロミスは契約をした段階では無利息期間のカウントが始まらず、こういった心遣いも人気の理由の1つです。

 

WEB完結が特徴的なモビット

モビットの特徴として有名なのが、WEB完結です。インターネット上から申込みはもちろん、借入も返済も明細書の発行も、全て行えます。

 

どこにいても簡単に手続きできるというメリットもありますが、WEB完結は家族や知人にカードローンの利用がしられにくいというメリットもあります。家族などにカードローンの利用を知られたくない事情がある人には一番理想的なカードローンです。

 

ただし、モビットのWEB完結を利用するためには、三井住友銀行または三菱東京UFJ銀行の普通預金口座を持っている必要があります。

 

モビットのWEB完結が利用できるのであれば、職場への在籍確認の電話がありません。カード無しで、ネット上から借入れや返済が行えるので、カードを見られるという心配をしなくていいのも大きなメリットです。